PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

愛犬のお手入れ勉強会 その2

昨日に引き続き勉強会で学んだお話。

シャンプー選びはとても大切。
人間の毛よりも細くて繊細な犬の毛だからこそ
良いシャンプーを使ってあげたほうがいいそうです。

ベストのものはpHが皮膚に近い弱酸性で、
被毛の成分であるたんぱく質を補えるもの(特殊タンパク質配合のもの)。
洗浄力が強すぎるものは脂分を取り過ぎるのでNG。
香りの強いものも犬には不要。
薬用シャンプーはアレルギーの子のためのもので
被毛のことはあまり考えられていない。
だから皮膚の状態がよくなったら被毛に重点を置いた安心な
シャンプーに変えるのがいい。
また、白い毛用のシャンプーには白くみせるために
漂白剤や青い色素が入っているとのこともあるそう。
どひー!

良いシャンプーであれば洗えば洗うほど
ぴかぴかになるそうです。どびっくり。

のらのらさんは、ブラシで毛のもつれをほどいた後、
シャンプーの技を見せてくれたのですが、、、。


シャンプーの方法は私がアレコレ書くよりのらのらさんのブログで
見ていただくのが一番分かりやすいです。
↓ココを見てねん。
プチシャンプー講座
プチシャンプー講座Part2

びっくりしたのがお湯の温度。
皮膚が薄くて口でハアハアいって体温調節する犬には
32℃くらいが丁度いいらしい。
触ってみるとぬるい水という感じ。お湯とは感じない。
寒いんじゃないの? と思う温度。
でも寒さで犬が風邪をひいてしまった経験はないとのこと。

私は今まで冬に暖房をいれて、お湯でシャンプーしていた。
さぞかし暑かったことだろう。反省反省。
ブルブル震えてたのはストレスのせいだったのね。

水に濡れるとキューティクルはすぐにはがれてしまうそう。
なので、ゴシゴシ洗い、タオルでゴシゴシ拭くのもは禁物!
のらのらさんは体を濡らすときでさえ、
毛の流れにそって、背骨から下にシャワーを移動させてました。
タオルは濡れた体をポンポンをおさえるのみ。
061127shampooda.jpg
のらのらさんによるシャンプーの動画はココ


顔を洗うときにには、
お湯が目や耳に入ってもなんら問題はない(シャンプーは別です)が、
鼻にお湯が入らないように気をつけなければいけない。
左手を「オー!ノー!」の手にして(わかる?)、
親指で左耳、残りの4本の指で右耳を押さえ、
手のひらの付け根(手首あたり)でアゴをくっとあげて、
鼻を高くするのがポイントだそうです。
061127kaosusugi.jpg
顔にお湯をかける動画はココ

耳の裏は脂っぽく、汚れやすいので念入りに洗う。
(もし耳の中にシャンプーが入ったらお湯を入れて
ブルブルして出させる)

そして一番びっくりしたのが、
すすぎをたーーーーーーーーーーーーーっぷりすること。
それはもう、たーーーーーーーーーーーーーーーーーっぷり!
シャンプーの後も、リンスの後も、
毛がキュッキュッというくらいしっかりすすぎます。
ぬるぬるしているのはダメー!
ただお湯をかけるだけじゃなくて
親指の腹で毛の流れにそってぬめりをぬぐう感じ。
たぶん5分以上はすすいでいたと思います。
いやー。本当にびっくらこいた。
そこまですすぎに時間をかけるとはー。

これからの季節、静電気対策のためにも
リンスはしたほうがいいそうです。
リンスはすぐに洗い流してOK!

ほほう。なるほどなるほど。
のらのらさんは長年の経験から
ラファンシーズのシャンプーリンスをおすすめしてました。
のらのらさんの愛犬、プードルのマーシャちゃんは、
14歳だというのに毛がふっわふっわで真っ白!
このシャンプーが良いという生き証人ですねぇ。

いやはや、ちょっと考え方が変わった。
というわけで、丁寧にブラッシングをした後、
このシャンプーで豆を洗ってみようと思います。

どうもありがとう! のらのらさん!

のらのらさんのブログでも前回の勉強会の様子が見られますよん。
お手入れ勉強会報告1
お手入れ勉強会報告2
お手入れ勉強会報告3

| 健康管理・しつけ | comments(10) | トラックバック(-) | TOP↑

COMMENT

saorinさん
おおー。待ってました!
saorinさんはどう思うかなーと思ってたの。
今度せっけん派からの意見を聞かせてほしい!
犬の皮膚、中性か弱アルカリ性なの!?
えーーー! と思って調べたらいろんな情報が錯綜してる。。。
健康な皮膚は弱酸性だという意見もあるのだに。
汚れていくうちにpHが変わるとも。。。
結局本当はどっちなのかわからず。
もっともらしいことを言っているサイトでは
犬は風邪をひくとかかいてあるし。。。
とりあえず、ラファンで出してる犬の皮膚についての
研究資料を取り寄せてみます。
石鹸には石鹸のよさ、シャンプーリンスにはそれのよさが
あると思うのです。
その二つを使い分けれればいいなぁと思ってるのだ。
そうそう!
指の間!忘れそうになってた。
気をつけて洗ってみます。

| しゃち | 2006/12/04 19:04 | URL | ≫ EDIT

こんばんはー。
しゃちさん、沢山お勉強して偉いですね!
豆ちゃんは、姫さまだ♪
幸せ犬~
そうそう、人間もそうなんですが、
すすぎって重要なんですよねー。
キュッキュってするくらい、しっかり洗い流しても
乾かすとふわーってしますもんね。
しっかり洗い流さないと絶対良くないですよね。
足の指の間とか、わきの下、オマタなんかはシャンプーが残りやすいし。
それと、犬の皮膚って
中性から弱アルカリ性ですよぉ~

| saorin | 2006/12/03 18:42 | URL | ≫ EDIT

スニさん
私も浴槽にお湯ためてすすいでたー。
冬はいいかなぁ、なんて思ってしまうよね。
ゴルゴルのシャンプーってほんっと大変ですよね。
腰は痛くなるし、時間かかるし、
乾きにくいし。。。。。
ああ。でも久しぶりに洗いたいな(笑)。

akoさん
そうそう。リンスって残してたほうがいいような
気がしちゃいますよね。
ヨークシャーの子みました?
ぴっかぴっかになってましたよね。
私も「すげーーーー」と声に出してしまった。
あんずちゃんのビフォーアフター
楽しみにしてまっす。

| しゃち | 2006/12/02 13:46 | URL | ≫ EDIT

へ~、へ~、と声に出して呼んじゃいました。
のらのらさんの所にも読み逃げして来ちゃいました。
しゃちさん、講習会に参加してくれてありがとうです。
とってもためになりました。
温度なんてウチ熱すぎです。
リラなんて浴槽にお湯溜めてすすいでいたので
熱湯地獄状態だったかも・・・

| スニ | 2006/12/01 16:08 | URL | ≫ EDIT

リンスのすすぎ、今まで流すだけでした^^;
シャンプーも指先でゴシゴシだったし・・・。

のらのらさんのブログのヨークシャが衝撃的でした。
一回であんなに毛艶が変わるなんて!!
次のシャンプーは頑張ってやってみよう。まゆみさんと同じくプリントアウトします。
しゃちさん、ありがとうございました。

| ako | 2006/11/30 22:06 | URL | ≫ EDIT

まゆみさん
おおー。プリントアウトまでしてくれたの?
残念ながら有料だよ。50円よろしくお願いします。
って50円かよっ!(笑)
のらのらさんのブログ「ほほーう」とか言っちゃわない?
すごいよねぇ。
近くに住んでたらぜったいお願いするのに残念だー。
またお役立ちと思った情報あったらアップするねん。

Waccoちん
耳の中じゃなくて耳の裏だよん。
たぶん同じところを指してると思うだけど念のため(笑)。
中にはシャンプー入れちゃだめだって。
あと、自浄作用があるから頻繁に
イヤークリーナー使わなくていいらしいよ。
見えないところは綿棒とかで
いじると傷がつくんだって。

MIKiさん
私もよ。。。。虐待してたぁ。。。
今度のらのらさんが東京で勉強会開いたら
ぜひ行ってみて!
すごい勉強になるよー。

appiっぴ
ぼぶさた!
おおー。プードル界では絶賛だったんだ。
知らなかった。
ちと高いけど、4、5倍に薄めて使うから
いいかーと思って買ってみたよ。
あとブラッシングスプレーも買った!
これから乾燥するから静電気防止にもよさそうだよね。
すすぎはね、時間よりも毛の状態を見てほしいって。
きゅっきゅっってっするくらい。
私は自分の頭でゴシゴシしないシャンプー方法と
念入りすすぎを早速ためしてみたよ。
泡立たなかったシャンプーが泡立ったよーー。

| しゃち | 2006/11/30 18:48 | URL | ≫ EDIT

ちょっとー、ちょっとちょっと~っっっ!
覚えきれないのが情けないけど、
プリントアウトさせてもらっちゃった。
勿論、のらのらさんのページもね☆
すごく勉強させてもらった、ありがとっ。
可愛い我が子達の為に、
日々精進しなくっては・・・だわっ♪

また、情報UPしてねっ。

| まゆみ | 2006/11/30 12:59 | URL | ≫ EDIT

シャンプーの方法、かなり勉強になりました。
耳の中は、ちゃんと洗った方がいいですよねぇ。
ヤックルがシャンプーすると、耳に水が入らないようにしてたらしいですが
私が耳もしっかり洗ってるのを見てビックリしてました。
ちゃんと、犬は頭振って水を出せるんですよね。

温度もぬるいくらいでいいんですね。

| Wacco | 2006/11/30 12:31 | URL | ≫ EDIT

昨日に引き続き自分がどれだけ虐待を続けてきたか
わかりました。。。。

人と同じ温度で洗っても震えているので
一緒に湯船につかったりしたことも....
なんて馬鹿な事をしてしまったのかしら

まずは生体から知るべきなのですね
まったく理解していなかった自分を大反省です


| MIKI | 2006/11/30 08:56 | URL | ≫ EDIT

はろー。ご無沙汰。
ラファンシーズ・シリーズ、プードル界では、どこいっても絶賛されていたので、
かえってあやしく感じていた私ですが、
やっぱりいいんだねー。
情報、ありがとう!!
うちは、トリマーさんに勧められて、
ラファンシーズのブラッシング・スプレーみたいなのを使っていますが、
確かにブラシ通りが良くなりました!

すすぎ、5分か~
人間の頭も、洗う前後それぞれ最低3分お湯を流せ!
と言われたので、実行しようとしていますが、3分って長い・・・
5分はもっと長いねえ。がんばろう。

最近の小梅は、
ブラッシング→長めのシャワー→シャンプー
→洗い流し→にんにく入浴
ってなかんじ。

ブラッシングも間違っていた・・・
逆毛でブラシしていたー。いかん。

| appi | 2006/11/30 08:15 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。