≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

迷子札

前の迷子札の電話番号がもう使われていないので
昔作って放っておいた迷子札をさがし出した。

20110429b.jpg 20110429.jpg

グラスエッチング用のウイーンってやつ(名前知らん)で
ボタンに名前と番号を彫って何かを塗った(忘れた)。

ちょいいびつだが、まー、わかるじゃろ。
興味があるご近所さん、ウイーンってやつ貸し出しますよー。

スポンサーサイト

| 犬グッズ | comments(4) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

無防備な寝相

20110428b.jpg
へそ天

20110428a.jpg
うつぶせ

20110428c.jpg
へそ天ひねり白目

| 豆千代 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

マルガリータ

通りすがりのおじさんが豆をみて、
笑いながら「どこが顔だかわからないなー」と言った(笑)。

なので、どこが顔だかわかるように切ることにした。

before
b_IMG_1635.jpg

after
b_IMG_1709.jpg

あまりに細くてびっくりしたので
めずらしく洋服着せてみた(笑)。


b_IMG_1698.jpg
毛だらけー。

| 豆千代 | comments(6) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

それぞれ

th_IMG_1665.jpg

ラナはディスク。豆は穴堀り。

| 豆千代 | comments(4) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

DHCのペット用品

モラタメでDHCのペット用品をお試しー(送料だけ払えば試せるのよ)。

b_20110424.jpg
左の2品はサンプル。

コエンザイムQ10入りのデンタルガムは秒殺。ガムなのか? 柔らかいぞ。 
豆は普通にばくばく食べてたよ(笑)。歯垢はとれそうもない。
10本で700円(今は560円みたい)は高いなー。

消臭剤の使用感についてはわからず。なぜなら私は鼻炎で鼻がつまってる。
匂いがわからん。いとに聞いたら消臭剤自体はお茶みたいな匂いだって。
食品に使用されている成分だけでつくられているそうだ。
なので、おもちゃにも使えるとか。
290mlで680円。

食欲ゼリーはマメには不要(笑)。
もう食欲がありすぎて困っているので。
でもゼリー状なので、食欲ない子のご飯にトッピングしやすそう。
130gで210円。

ビスケットは銀ビスのアスパラガスみたいいスティック。
ぽきぽき折ってあげればしつけのおやつにもよさそうね。
豆千代がっついてたよ。おいしいのねー。
80gで380円。

b_20110424b.jpg b_20110424c.jpg

DHCはその他にサプリメントも販売しているらしい。

まだお試しできるみたいよー。
気になっている人は急いでー。

| 犬グッズ | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

島根旅行 湯町窯と足立美術館

2日目、石見銀山を見た後、
また電車にのって玉造温泉に。

行ったのは念願の湯町窯。
5年くらい前、渋谷のyuyujinで黄色い器に出合ったのが始まり。
もう大好きで、カレー皿、鉢、マグ、ピッチャーなどなど、
ちょっとずつ揃えていったのよ。

その夢の湯町窯にようやく行けたー♪
ご主人も奥さんもとってもいい人で楽しかったなー。
お宝もあちこちに。
バーナード・リーチの皿や棟方志功、山下清の皿が
さりげなーく置いてあったりする。

いやー。楽しかった。

shimaneshimane15.jpg shimaneshimane13_20110420110233.jpg
湯町窯は玉造温泉駅から歩いてすぐー。スキップで向かったよ。

shimaneshimane221.jpg shimaneshimane14_20110420110237.jpg
スリップウェア祭り。エッグベーカー買ったー。やたー。
右の写真の下2枚以外を買ったのー。

その日の宿は宍道湖温泉。
iphoneのアプリでその日の宿を探したら、
温泉付きのホテルでなんと3000円(笑)というのをみつけ、
すぐに予約、そしてチェックイン。

「旅比較ねっと」というアプリは
楽天やるるぶなどの宿泊プランを比較して予約できる。
地図からも検索できるよ。ちょー便利。

で、最終日。松山駅に荷物を預け、日本庭園が素敵な足立美術館へ。

shimaneshimane17.jpg
いやー。これまた素敵でやんした。
庭園も日本画も魯山人の器も。

島根の旅は私はとても楽しかったー。
本当は仁多米の田んぼとか見たかったんだけど、車がないのであきらめた。
お魚もおいしいし、お米もおいしい。
人もものすごく温かい。
人との出会いがあったから今回の旅は楽しかったんだろうなー。

というわけで、旅記録終了。







| ひとりごと | comments(5) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

島根旅行 石見銀山

島根二日目は、石見銀山(いわみぎんざん)へ。
石見銀山は世界遺産だけど、交通の便が悪いー。
山陰線の大田駅もしくは仁万駅からバス。
JRもバスも本数は少ない。
島根に行くならレンタカーが絶対おすすめ。

行き当たりばったりの旅なので、時刻表など調べてないし、
携帯はつながらない。。。
宿のおじさんがちょうど近くに行くということで車に乗せていってくれた。

古い町並みはしっとりと落ち着いた感じ。呼び込みもなくとってもよかった。
そこから、現在公開されている唯一の坑道「龍源寺間歩」までは
遊歩道があって往復2時間くらい(見る時間も含めて)かなー。
景色もいいし、そんなに遠い感じはなかったよ。

shimaneshimane8_20110420110236.jpg shimaneshimane12.jpg
小学校も瓦屋根。いい感じ。川沿いをのんびりと歩いたよ。

b_IMG_1053.jpg b_IMG_1078.jpg
手でカツカツとよくこんなに掘ったもんだの龍源寺間歩。
日本にはここにしか店舗がないというイタリーのコーヒー屋。楽しみにしてたのに休みー。

shimaneshimane9_20110420110235.jpg shimaneshimane11_20110420110234.jpg
この日は月曜日だったから閉まっている店も多かった。人もまばら。
うっとりする町並み。雑貨屋やパン屋、カフェが建ち並ぶ。

shimaneshimane10_20110420110234.jpg b_IMG_1080.jpg

途中でたべた魚屋さんのごま豆腐500円。おいちー。瓦屋根にハトポッポー。

石見銀山散策の後は玉造温泉へー。
なぜなら湯町窯に行くからー!!!

ちゅうことで3日目はまた今度。

| ひとりごと | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

島根旅行 温泉津

ここ数年、なんだかずっと島根に行きたかった。
興味があるモノ、食べモノに出合うと、それは島根のモノのことが多かったからかなー。

3月中ならオトクに行けたので、急遽いとを誘って行ってきた。
空港についたら、出雲大社行きのバスがちょうど来たので乗り込む。
着いて思い出した。そういえば、屋根の葺き替え中。
本殿は残念ながら拝めず。で、うろうろしてたら、出雲駅行きのバス発見。
とりあえず乗り込む。なんて安易。

出雲駅についたはいーけど、どうすんの?ってことで、
駅の観光コーナーへ。おそばのおいしいところを教えてもらって食べにいく。
出雲そば。行ったお店はなぜだかめんつゆがたぬきの匂いがする。
土佐節と醤油とお店の人はいっていたけど、獣のにおい。なぜ?
外国人がざるそばを食べるとき、よくそばつゆをざるにかけちゃうと聞いたが、
この割子そばはそれが正解。つゆをそばにかける。びっくり。

shimane1_0.jpg shimane1_0bjpg.jpg

携帯で宿を調べて予約し、
さらに私が普段使っているお気に入りのマグの窯元がこの近くということを発見。
タクシーで出西窯へ。

shimane1_1.jpg shimane1_1b.jpg

おおおお。お皿がいっぱい。すてきなものがいっぱいある。
でも、出来は正直なところ不揃いな気が。。。
よーく見比べてお気に入りのお皿を選ぶ。
初日から紙袋ひとつ抱えることになってもうた。
タクシーを待つ間、好きなマグを使ってのコーヒーのサービス。
すてきー。ありがたいー。

そして、この日の宿ときめた「温泉津(ゆのつ)」の町に向かう。
山陰線からの眺めは目の前に海がどーん。
瓦屋根の家が建ち並ぶ景色がとってもきれい。

宿についたら、下駄をはいて、ちょいと散策。
といってもものすごく小さい温泉街(笑)。
でも町並みは昔のままらしく、情緒ゆたかでユネスコの世界遺産にも登録されている。

shimane1_3.jpg shimane1_3b.jpg shimaneIMG_1023.jpg

本当は長命館(下左)に泊まりたかったんだけど、なぜかお休み。
立寄湯「薬師湯」(下右)とその別館(下中)も素敵な建物だったなー。
この薬師湯がものすごーーーくいいお湯だった。
鉄さび色の湯はすっごいあったまる。
大正ロマンぷんぷんの別館ではカレーなどの食事もできるそう。

shimaneshimane3.jpg shimaneshimane4.jpg shimaneshimane5.jpg

薬師湯別館と商店。ビールを売ってるかのぞくいと。
shimaneshimane6.jpg shimane1_4.jpg

お宿は薬師湯前のY屋。
2万円近くしたのに、お部屋はせまく、民宿みたい。。。
当日予約でも快く受け入れてくれ、お料理もいっぱいでたけど、
お部屋が残念でありました。(ほかのお部屋は広かった。貸し切りだったのになー)
あ。お風呂はよかったよー。

力つきたので、2日目3日目はまた今度ー。






| ひとりごと | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

びよーん



かわいい。。。

| 動画 | comments(5) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ガムとかー

毎度おなじみ(?)モラタメで
DHCのガム、ビスケット、消臭スプレーのセットが試せるよー。
私はもちろん申し込んだー。
消臭スプレーがちょうどなくなったのだー。
気になる人はチェックー。

2724_item_20110329_174817.jpg




| 豆千代 | comments(3) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

食いしん坊だからって

えー。今朝は食パン4枚を盗み食いした豆千代ですが、
最近はこんなものにまで手をだしてます。

20110413.jpg

よく見えないけど、手の間にバークチップがあるのよ。
観葉植物の土の上にしいてある、木の皮の部分。

それをかりかりかじってる。
そんなものに手をだすまでお腹がすいているのか?
いやいや。ちゃんとご飯をあげてるぞ。

食いしん坊にもほどがあると
食いしん坊は思うぞ。

| 豆千代 | comments(3) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

キョン感謝デー

キョン木陰

え? キョン感謝デーは3月21日(命日)じゃないのかって?
いやー。まー。いろいろとね。ほら。いろいろとー。。。(なにもない)

上の写真は小野川湖のキャンプの時かなー。
ここまではカヤックで行くんだけど、
10月で寒いのに、キョンがカヤックから湖に落ちちゃって
ぶるぶるしてた。ごめんねー。キョン。

キョンのぼる

ああ。この写真も落ちてるねー(笑)。

最近私は「悪魔のような女」と言われるけど、
このころから悪魔だったのね。
必死なキョンを助けずに、笑って見てたんだろうなー。

でもそうして犬は強くなるのだ。うん。そういうことにしよう。

キョンさんありがとねー。
かわいいよー。ぶちゅ。



| キョン | comments(10) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ボランティア志願の君へ。(転載)

このブログによく登場する、豆千代の幼なじみの白黒ボーダー、ラナ。
ラナのお父さんは、雑誌「BE-PAL」lや「山と渓谷」などで活躍している
フリーライターのホーボージュンさんといいます。

阪神大震災の際に単身で被災地に向かい、
ボランティアをまとめ、より機能するように、ボランティアたちの組織化、
働くしくみを築くことに貢献したジュンさん。
経験したからこそ、言いたいこと、言えること。
もしボランティアに志願したいと考えている人がいたら、
ぜひ読んでみてください。


ジュンさんのブログ(HOBO DAYS)から転載します。


※この原稿は4月1日から無料配布されている『フィールドライフ春号』(エイ出版社)に掲載されたものです。版権フリーとしますので、紙媒体、ウェブページ、ブログなどに広く転載・引用いただき、被災地でのボランティア活動を考えているみなさんに読んでもらって下さい。テキスト量は約1万文字です。

『あの日から、

 驚き、怯え、泣き、そして今、

 被災地のために何かをしたいと思っている

 心優しきボランティア志願の君へ。』  ホーボージュン





Img_3085



 まばたきができなかった。一瞬たりとも目が離せなかった。足元には崩れた本や食器が散乱していたが、大きく見開いた僕の目は、テレビのライブ映像に釘付けだった。

 目の前でクルマが、家が、人が、巨大な波に飲み込まれていた。ビルがへし折られて白い泡を吹き上げる。商店街に巨大な貨物船がつっこんでいく……。まるでSF映画のように、東北の港町がぐしゃぐしゃになっていった。

 3月11日に東日本を襲った巨大地震と大津波は、東北地方に壊滅的な被害をもたらした。地震発生から今日で半月が経とうとしているが、死者と行方不明者は2万7000人を超え、避難者数は24万人にも及んでいる。

 また福島第一原発が引き起こした爆発事故と放射能汚染はいまだ収拾のめども立たず、恐怖と焦燥感が、ジワジワと僕らのまわりに押し寄せてきている。

「まじでヤバイよ……」

 これが未曾有の危機だということは、キミも感じているだろう。

「自分も何かをしなきゃ……」

 今すぐにでも被災地に駆けつけたいと思っている人も、きっと少なくないはずだ。



 いま東北の被災地ではさらなる支援とボランティアの手を必要としている。炊き出しや救援物資の運搬、避難所でのさまざまな手伝いなど、人手はいくらあっても足りない。

 そんな中、東北自動車道が全面開通し、僕たち一般人も被災地へ直接入れるようになった。みんなの中には、すでに現地入りの準備をしている人もいると思う。

 でも、ちょっと待って欲しい。

 憂国の念に駆られ、あるいはわき起こる熱い思いが抑えきれず、これから現地ボランティアに行こうと思っているキミに、いくつか話しておきたいことがあるんだ。

 これはアウトドアーズマンとしてではなく、先輩ボランティアとしてのアドバイスだ。16年前の阪神大震災の時、僕はいまのキミと同じような衝動に駆られて現地に入り、瓦礫の中で2カ月あまりを過ごした。そこで(痛い思いをして)学んだ、とても大事な教訓だ。



■阪神大震災のときに僕が

■被災地で体験したこと



 まずは僕自身が神戸で体験したことを詳しく書いておこう。

 1995年1月17日早朝。マグニチュード7.3の直下型地震が兵庫県南部と淡路島を襲い、神戸一帯に甚大な被害をもたらした。いわゆる『阪神大震災』である。

≫ 続きを読む

| 豆千代 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

macニモマケズ

20110401.jpg

2キロの重さなんて気にしない犬。

| 豆千代 | comments(4) | トラックバック(-) | TOP↑

| PAGESELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。